LOG IN

こどものボディケア

by M.HIROTSUGU

今、こどもたちの身体に異変が起こっている。

怪我ではないので「痛み」は訴えない。

しかし、

間違いなく機能が・・・

構造が・・・

崩れているのが見て取れる。

表情の無さ・・・

マスクにより口があかないから顎がおかしい。

これを「顎関節症」ともいう。

顎の関節は股関節に影響を与える。

やがて、

ひざの関節の異常音や傷みに変わる。

体格や骨格の異常な子供はじわじわと増えている。

もう一度、

来院の仕方も考え直してみてはどうでしょうか?

この問題は

あなたの子どもや孫へのプレゼントです。

DNAは嘘をつかない。

必ず、

いづれコピーされるという事です。

松原ヒーリングラボの「ラボ」とは

ラボラトリー(研究)です。

毎週一回、施術ケアをしている子ども。

2週間に一回、施術調整している子ども。

一ヶ月に一回、施術診療(維持管理)の子ども。

2~3ヶ月で一回、施術(管理)している子ども。

時々、予約の入る子どもでは体の状態が違う。

これがわかるのも長年の研究です。

今一度、

今、子どもたちの成長に何が起こっているのか?

おせっかいながら危惧しています。

そして、

危惧で終わることを願うばかりです。

「噛む」ということは

脳への血液供給の〇〇〇です。

☆ALOHA!!☆

OTHER SNAPS