LOG IN

決まっているもの

by M.HIROTSUGU

骨が「治る(くっつく)」には

7日×4週=28日かかります。

皮膚が「癒える」にも

28日という日数が必要です。

28日(672時間)待てば骨は「治る=着く」のです。

※骨が治っても固定期間があるので関節が固まる・・

※関節が動くようにリハビリが1~2ヶ月必要・・・

※「全治3ヶ月」って・・・・・そういうことです。

ここで、問題です。

骨も・・・

皮膚も・・・

『治る為に、何を必要としているでしょうか?』

3・・・

2・・・

1・・・

塗り薬?

飲みクスリ?

・・・

・・

違います!!!!

答えは・・・

『栄養分』です。

※ここで重要なのが『食事』となるわけです。

『栄養』が治る為には必要なのです。

この栄養が足らないと『治り』が遅かったり・・・

弱く治るのです。

弱く治るとは『脆い(もろい)』ということ。

脆くなるのだから・・・

クスリのリスクは再発を伴い易いということ。

睡眠薬・・・

安定剤・・・

ステロイド・・・

鎮痛剤・・・

・・・・etc

なんとなく・・・

仕方なく・・・

繰り返し・・・

安易に・・・

その末は・・・

依存・・・

『決まっているもの』でした。

☆ALOHA!!☆

OTHER SNAPS