LOG IN

もう一つの生活習慣病

by M.HIROTSUGU

生活リズムや習慣パターンが狂う事から来る生活習慣病。

これを『もう一つの生活習慣病」と名付けました。

これに対しては元の生活習慣リズムに戻すことがいちばんの薬です。

この薬は『楽しむこと』です。

我が家は5月31日(日)に『儀式』をしました。

それは家族で外食です。

子どもたちに言葉ではなく、安心を体験(体感)させる。

言葉は時に「罪」を作る。

親はコロナで子どもに「恐怖を与えている」ことに気付きましょう!

6月から学校が再開スタートして見えて来る問題は子供だけではない。

テレワークやオンラインの時間は

肉体的には「首から背中にかけての張り」や「腰の痛み」といった症状や筋肉の低下から違和感やしびれを強固なものにしました。

一方で

精神的には家庭内の家族関係に様々な影響を与えてしまった。

感情の問題は

頭痛、腹痛、下痢、食欲不振、食欲過多といった現象症状で現れる。

それは「こころからカラダへのメッセージ」です。

外出自粛は潜在的に欲求不満が徐々に蓄積していきます。

この蓄積した“もの”が『もう一つの生活習慣病』となる。

これにはいち早く対応しないといけない。

睡眠障害を伴うと自律神経失調症の症状が現れて来ます。

薬を飲む様になったら最悪です。

何故なら生活習慣病を治す薬は薬物にはないからです。

この症状の理由は『恐怖』です。

だって、

全ての依存症は恐怖(トラウマ)から逃げるから依存症なのです。

☆ALOHA!!☆

OTHER SNAPS