LOG IN

身体づくり

by M.HIROTSUGU

我が家の「身体づくり」で

意識している事は「骨が豊か」と書いて『體(からだ)』です。

昔だと国体は「國體」と書いていたそうで

今だと少し違和感があるかも知れないが『国が強い』ということ。

子どもは国の宝という事は“そういうこと”です。

治療家として

子どもは“何を食べて大きくなるのか”をもう一度考えてみて、

いちばん不足している栄養素は『カルシウム』だと痛感する。

最近の児童や学生を施術していて“これ”が不足して成長している子供は

線(骨格)が細くて、軽い(筋肉の発達が遅い)のが特徴です。

筋肉と脂肪だと「筋肉の重さ>脂肪」となります。

子どもはトレーニングをしないので筋肉と脂肪の量は少ない。

肥満児以外は内臓脂肪も蓄積はしていない。

ここで重要なのが「骨の重さ」です。

骨格は「身体の骨組み」です。

骨格、体格、品格、風格、別格、格上格下、合格etcというように

これらはいづれ大人になると重要になります。

治療室では『情報薬』として

保護者に説明とアドバイスも行っていますが実践するには

危機感の世代間ギャップがありますねぇ~(苦笑)

☆ALOHA!! and MAHALO!!☆

OTHER SNAPS