LOG IN

喰い力

by M.HIROTSUGU

食トレは練習に比べれば地味である。

しかし、

身体は毎日の食事に“必ず”応えてくれる。

『アスリート飯』は成長期に欠かせないエネルギーと栄養素を

効率よく補給すること。

しかし、

『好き嫌い』は「苦手意識を作り、得意不得意」をつくる。

例えば

この練習は好き。

この相手は嫌い。

これはやるけどこれはやらない。

〇〇〇〇だから食べたくない。

etc...etc。

だから、

我が家では『好き嫌いなく食べる』が基本です。

お母さんが手間をかけ、愛情を注いで作った食べ物を

残すことは

『never(決して、絶対に、有り得ない)』なのです。

我が家の「子育て」は

厳しさからくる優しさだと思います。

「食トレ」は食べるのではなく、「喰う」のです。

それこそが『喰い力』です。

アスリートの理想の身体と頭脳を手に入れるために。

☆He is greater than I.☆

OTHER SNAPS