LOG IN

ほっこりふんわり

by M.HIROTSUGU

『ゆとり世代、ゆとり教育』の「ゆとり」とは

余裕があるが故の『ゆとり』と想う。

お金の余裕はなくても『こころの余裕』はいっぱいある。

ある日の

カウンセリングでのクライアントさんとの会話です。

先生は“のうてんき”ですね。

そうなんですよ。

私は脳が天の氣で満たされているんですよ!

・・・。

幸せですね!

もちろん!

毎日がハッピーです。

うらやましいです。

私もそうなりたいです。

〇〇さんんも直ぐになれますよ。

馬鹿になればいいんです。

バカですか?!

そうです。

馬鹿です。

「バカ」かぁ~~(混乱)

馬鹿という字が書けますか?

当たり前ですよ!

バカじゃありませんから。

だったら簡単です。

あなたは馬でも鹿でもないんですから。

『お前は馬鹿か!』は強制型しつけのフレーズです。

子どもの感覚心理は『自分は馬でもなく鹿でもないよ。

自分は自分だよ。』と心は訴えている。

そして、『頭ごなしに怒らないで!』って。

・・・・・。

あなたはあなたでしょ!

もうひとりのあなたは“自由になりたい”と言ってますよ!

インナーチャイルドとも言います。

( ノД`)シクシク…(涙)

施術中に涙が勝手に流れるクライアントさんは多い。

この場合、泣くことを我慢する必要はない。

何故なら

心が潤い、リセットされ、心が晴れるから。

☆Spiritual Healing☆

OTHER SNAPS