LOG IN

経皮吸収

by M.HIROTSUGU

今日は『海の日』です。

海という字は『さんずいへんに人の母』と書きます。

人の母にちなんで真面目な話です。

それは「命が宿り、命が育つ場所」です。

今、その場所が海洋汚染と同じく大変なのです。

そんなバカな話です。

経皮吸収されたものは90%が排泄されず体内に残るって知ってました?

この90%は体内のどこに残るのか?

「何処に?」とは“どの臓器”に貯まりやすいのか?

男性であれば前立腺。

では、女性であれば?

男性と女性の臓器の違いは?

男女ともに心臓・肺・胃・肝臓・腸・etcほぼ同じです。

でも、睾丸と卵巣。

前立腺と子宮は男と女のいちばんの違いです。

何故、不妊系の女性の下腹部は硬いのか?

20年前はそこを柔らかく柔軟性を作れば自然に妊娠していたが

最近は

顕微授精でもなかなか上手くいかない時代に突入している。

食事や薬も含めた食べ物は

口から取り入れられ腸から吸収されたものは肝臓で解毒され

9割が排便排尿として排泄される。

しかし、

体温が低いと脂質は溶け難く体内に残る。

また、

皮膚から吸収されたものは発汗により代謝される。

汗をかかない、かけないヒトは代謝が悪く「浮腫み」となり

やがては

「冷え」となり悪循環となるのです。

並行して

「頭痛」や「生理痛」も伴い薬を飲む。

これが更に拍車をかける。

これが体温の低下を招き『慢性的な基礎体温の低下』となる。

ちなみに

睾丸は体外にある事により2℃低い状態を保つ。

(これは精子が熱に弱いからです。)

逆に

卵巣が体内にあるのは腹腔内は2℃高い。

(これは卵子が冷えに弱いからです。)

開業以来、臨床経験が28年にもなると冷える方向性の体質の体は

みなさん授乳で苦労しているのがわかります。

哺乳類は「乳」で育てるので哺乳類です。

何故、母乳が出にくいのかを考えれば答えは観えて来るのです。

令和の時代は母親になるのに

『勇気」と『覚悟』が必要になる時代になるかも知れない。

そもそも

それ自体が不自然なのだが・・。

☆BIG MAHALO!!☆

OTHER SNAPS