LOG IN

自然食

by M.HIROTSUGU

『自然食』をいただくことは『いのち』をいただくということ。

『合掌!いただきます。』は『命をいただきます。』という敬意と感謝を込める。

それは『天然であろうが、養殖であろうが同じ」である。

黄色の線の鯵と鯛は『お刺身』でいただきます。

(生食は「すい臓」の働きを活性化させます。)

緑の線のアジは『素揚げ(二度揚げ)』で頭から尾まで『丸ごと』いただきます。

(魚の頭にはDHAが豊富に含まれ、骨まで食べる事によりカルシウムも取り入れることが出来ます。)

紫の線のアジは『なめろう』にして、アラは味噌スープの出汁になります。

生野菜も忘れずにバランス良く、美味しく、家族の会話も楽しみながら頂きました。

サラダは『鳥の胸肉、オクラ、プチトマト、レタス、自家製胡麻ドレッシング。

『お腹いっぱい、夢いっぱい、明日への活力』の意味です。

私たちは日本に生まれ日本に育ち食べる物を『選択』することができる幸せを感じながら『食事』をしているだろうか。

施術中に『活魚と鮮魚の違い』を聞くことがあるが、そんなことは考えたこともない方が多くいます。

日本では『食の安全神話』が依然強く、食べ物を選択(疑うことなく)しているようで実はTVのCM効果などにより買わさされているという側面を持っている。

咀嚼には『食べ物を噛み砕くという意味』と『物事の意味合いを噛み砕く』という表現もある様に時間をかけ味わうと脳が活性化され純粋に『もの』の味わいの深さが解かるようになる。

勿論、『早喰い』にも意味があるのです。(「早とちり」とは全然違う)

(世の中では『早喰い』は良くない様にも言われていますが)

それは『喰った‼』という脳の快楽です。

この『喰ったあ!』は体育会系や肉食系の男女問わずヒトの本能が蘇るのです。

活力とは『勝つ力=元氣』ということ。

実は食べる事(食べる物や食べ方、心構え)は奥が深いのです。

☆ALOHA!! and MAHALO!!☆

OTHER SNAPS