LOG IN

素足と履物

by M.HIROTSUGU

Alooooooooha!!

今回のテーマは『素足履き』です。

最近の子どもたちに不足しているもの。

それは、『素足遊び』。

幼稚園や保育園によってはお外遊びの時間は「裸足」で遊ばすところもあるのですが。。。

しかし、せっかく園で良いことをしていても、家庭での靴や靴下の履かせ方を間違えるともったいない。

直立で立つとちょっとだけ足の指が宙を浮いている子ども達。

こんな感じの子ども達は歩き方にも違いがある。

小学一年生からK-boyと一緒に登校班で学校まで歩いて行っているのですが、そこでよく見かけるのが地面に足が着く時に(踏み込む時に)意識が下にない子ども達です。

逆に足をあげる時に(地面をける時に)に意識を感じる子どもは運動系が機能している子どもです。

これは観察分析していると歩く時に足の使い方(動かし方)や身体全体の動きの雰囲気が違うのです。

この事はスポーツなどの経験があれば多かれ少なかれおかしいことに気付くと思う。

しかし、普通の親は我が子の歩き方など気にした事もないのが当たり前だと思いますし、学校では成績優秀だったであろう親でも「子育て」に関してはどうでしょう?です。

特に未就学児での段階は「身体づくり」に知識を活かせているのか?ですね。

知識よりも運動経験です。

人間も動物だということを忘れてはいけない。

しかし、最近のママさんたちの持っている情報量はすごいと思う。

どういう事かというと、現代の女性たちのPCやスマホからの情報を収集する能力はDNAに組み込まれている。(遥か彼方の大昔にはオスは狩りに行き、メスは採収する。)

現代においては採収は収集と変わったのですが、そこには落とし穴がありまして『何が正しいのか』が判らなければ副作用としてロストや依存といった精神的な問題が起きてしまいます。

なぜなら、PCやスマホには使っているエネルギーが(精神的にも物質的にも)身体ではなく頭に集中してしまい「停滞」すると鬱滞し『鬱』。。。話が脱線してしまいましたので元に。

クライアントさんの履いて来た『五本指のシューズ』です。

(これはプロゴルファーの宮里 藍選手がトレーニングで履いていたものです。)

私の履いている五本指のソックスです。

(足指での「グー・チョキ・パー」です。)

そして、9月にカラカウア通りの「フットロッカー」で買ってきたナイキのシューズです。

この大きなクッションが衝撃を吸収してくれるので仕事が終わってから体へ負担が以前のシューズとは全然違います。(今回のシューズは大当たりでした。)

履物は動物でもあるヒトが「知恵」を使って作り出した道具でもあるのですが、簡単と便利の代償に失ったものもあるのです。

その失ったものが「素足」での感覚です。

生まれて来た時の赤ちゃんは靴下を履いていなければ靴も履いていないのです。

大人も「裸足」になって土の上や砂浜で遊んでみると忘れかけている何かを思い出すかも。。。です。

☆ALOHA!! and MAHALO!!☆

OTHER SNAPS