LOG IN

夢を語る。

by M.HIROTSUGU

『夢を語る。』と「夢を見る」は

あきらかに違う。

こどもには「無限の可能性」がある。

(そんなことは誰だって知っている)

では、その事を肯定している親は

どれだけいるのだろうか?

潜在意識に落とし込む言葉(言霊)は

こどもの人生を大きく左右する。

治療家として施術にメンタルコーチと自己啓発を取り入れていると

自己否定のクライアントさんは思っている以上に多いのです。

「プラス思考」や「マイナス思考」という言葉はよく耳にするようになったがポジティブシンキングとは違う。

有言実行には実行力が必要である。

では、その実行する力の源はどこから来ているのか知っている人は少ない。

それは『潜在意識にある言葉』です。

こどもの『可能性』を信じて下さい。

それは自分自身を肯定するのだから。

この『夢を語る』はイマジネーションをする上で重要です。

(なにバカなことをいいようるんや!とか、夢み過ぎ!と否定することは

子供の将来を壊す事と同じです。)

これは

今朝の自主練習でキャッチボールをしていの『メッセージ』です。

            ☆感謝☆

OTHER SNAPS