LOG IN

歯列の矯正

by M.HIROTSUGU

以前、『0歳からの調整』(4月23日)のブログで

紹介した女の子の経過です。

この時点では門歯が開いています【2018.4.18】

今回の来院時の写真です。【2018.9.1】

良い感じで歯列の矯正が進んでいます。

☆歯列の矯正の注意事項☆

欧米諸国や英語圏の国では歯列の矯正は

「当たり前」という考えです。

私も特に女の子は早いうちからの歯列の矯正を

お薦めしています。

しかし、歯列の矯正は様々な副作用が伴いかねませんので注意が必要です。

口の中の異物(矯正装具)はベロ(舌)がいつもそこを気にして触ってしまいます。

これは『脳』にはソフトストレスとなります。

矯正装具も数グラムのプレスですが物理的に強制力の負荷が歯列にかかります。

このストレスが物質的に骨格などに影響を与えているケースや精神面にも影響を及ぼしているケースで

来院する子どもたちもいます。

「歯列の矯正」にバランス調整(頭蓋骨調整)を併用することで歯列の矯正が進みやすくなり

矯正期間が短くなり負担が少なくなります。

☆BIG MAHALO!!☆

OTHER SNAPS