LOG IN

故障には前兆がある

by M.HIROTSUGU

使い過ぎ症候群(オーバーユース・シンドローム)は

読んで字のごとく『使い過ぎ』ということ。

カラダの回復が追いつかないほど追い込む練習や

トレーニングを続けてしまって・・・

関節や筋肉に炎症が起きてしまうことがほとんど。

最近の子どもの身体は・・・

ランニングや持久走での膝痛や股関節痛などの・・・

関節の問題と・・・

ふくらはぎやアキレス腱などの筋肉や筋膜の痛みを

多く訴えます。

野球など持久系でないスポーツでも・・・

今の時期は・・・

走り込みなどによるトラブルは多くなります。

★朝、関節が動きずらい

★寝起きの足が数歩痛みがある

★階段の下りで痛みがある

★筋肉に張がある

★カラダが硬くなっている

★etc.・・・etc.

これら症状が数日間続く様では故障のリスクが・・・

増していますので要注意です。

☆ALOHA!!^^☆

下半身の筋肉疲労や浮腫みを早期に除去し・・・

修復と疲労回復を促しています。

蓄積性の疲労骨折は突然起こるのではなく・・・

疲労の蓄積によっての「結果=骨折」です。

☆感謝☆

OTHER SNAPS