LOG IN

時間という財産

by M.HIROTSUGU

時代は「根性論からの脱却」へと移行している。

「心技体」も・・・

「体・技・心」へと変化している。

現代の子どもたちの心と体の発育と発達は・・・

昔よりずいぶん劣るように感じる節がある。

何故なら

心と体の発育と発達には身体を動かす必要がある。

漢字の・・・

『弱体化』の意味するものを考えると解かる。

現代の子どもは

「時間」という財産の無駄遣いをしている・・・

ゲームの時間・・・

勉強の時間・・・

YouTubeを見る時間・・・

パソコンの時間・・・・

SNSの時間・・・

誰とも遊ばず何もすることなく過ごす時間・・・

頭は・・・

脳は使うが体は使わない・・・

首から下は・・・

ヒトという動物であることを忘れてはいけない。

子孫繁栄・・・

子孫衰退・・・

『遺伝子』とは「遺産を伝える子ども」と書く。

先ずは・・・

①の「体」は身体づくりにかなりの時間を要する。

首の弱い子どもほど「噛む力」が弱い。

そして、

筋肉と関節が軟らかくて背骨が硬い傾向が強い。

②の「技」は練習時間と経験の回数となる。

上手い下手(うまいへた)は・・・

競技によってはポジション次第でどうにでもなる。

③の「心」は・・・

「精神」と「こころ」は違うということを・・・

忘れなければオーケーです。

重要なのは・・・

『大きな目標を必ず子どもに持たせること』です。

目標を持たせることは・・・・

アスリートのメンタルコーチングには・・・

欠かせないものです。

意識づけによる「意識力」は高ければ高い程良い。

チームの強さは・・・

「個」の意識の強さと比例するのだから・・・。

こどもたちは・・・

みんな上手くなりたいと思っている。

もっと上手になりたい・・・

もっと試合に出たい・・・

もっと試合に勝ちたい・・・

もっとチームのチカラになりたい・・・

もっとetc.・・・

もっとetc.・・・

もっとetc・・。

『経験なくして成長なし』

『挑戦なくして成長なし』

こどもたちには「時間」という財産があるのです。

みなさ~~~ん!!

心には・・・

希望という財産があります。

こころ・・・

穏かに・・・

日曜日をお過ごしください。

☆ALOHA!!^^☆

OTHER SNAPS