LOG IN

子どもの教育

by M.HIROTSUGU

☆子どものメンタルコーチ☆

『習うより慣れろ』です。

日本の教育には変なところがあります。

何年生になるまでは方程式を使って解いてはダメだとか

何年生になるまで習っていない漢字を使ってはダメとか

何故だろう?

私たち親は方程式などを頭に描きながら考えている。

例えば「お母さんの年齢は花子ちゃんの年齢の3倍」を

(お母さんの年齢)=(花子ちゃんの年齢)✖3 と

表現できることを知るには

数学には方程式というものがあって

この場合には y = 3x と言う式があることを

前もって知っていた方が遥かに楽です。

この場合は y = 3x には論理があるわけではなく

『このように書く規則になっている』ということを

機械的に覚えておけば良いわけです。

ところが

小学生はまだそんな方程式なるものが存在していることすら教わっていない。

漢字も

毎日見ている自分の名前や友達の名前などは

どんどん覚えているのに(書けるのに)

名札を見ると

「ひらがな」と「漢字」の組み合わせです。

子供には

ゴールデンエイジなる時期があり

このスポンジのように吸収する力がある時に

覚えさせる方が合理的なのです。

『習うより慣れろ』です。

☆ALOHA!! and MAHALO!!☆

OTHER SNAPS