LOG IN

人は第三のチンパンジー?

by M.HIROTSUGU

人は第三のチンパンジー?

最近見たTVショーで『第三のチンパンジー』というドキュメント番組がありました。

カリフォルニア大学 ロサンゼルス校 教授

ジャレド・ダイアモンド博士(文化人類学)が学生たちに

質問形式で

考えさせて答えを引き出す形で進められていました。

ダイアモンド博士と学生のやりとり

他の哺乳類と霊長類の違いは?

拇指対向性です。

そう拇指対向性。

あとは?

・・・

目が顔の正面にある両眼視。

(これにより立体的にものが見れるんだそうです)

じゃ~霊長類と類人猿の違いは?

尻尾(しっぽ)が有るか無いかです。

そうだね。

テナガザル・オランウータン・ボノボ・チンパンジー・ゴリラには尻尾が無い。

では、私たちヒトに一番近いチンパンジーとヒトでは

どれくらいの違いがあるのだろう?

70%?

85%?

98.4%同じで

違いは僅か1.6%だという事です。

DNA(デオキシリボ核酸)では?

1984年にヒトとチンパンジーでは98.4%同じで

「1.6%の違い」

しかないというのが判明したそうです。

「1.6%の違い」

地球以外の惑星の宇宙人がチンパンジーとヒトを見たら

「1.6%」の違いでは

ヒトは「第三のチンパンジーと思うだろう」と。

チンパンジーは人間か?

2016年5月にニューヨーク州最高裁判所で「チンパンジーに人権かあるのか?」

という論争裁判があったと。

これによりアメリカ国立衛生研究所は2015年11月にチンパンジーによる医療実験廃止を発表をしました。

ここまでは「人は第三のチンパンジー?」でした。

ここからが私が興味を持ったことです。

チンパンジーと枝分かれして

アウストラロピテクス(猿人)⇒ネアンデルタール人⇔ホモサピエンス(ヒト)へと

進化をして人類となるそうです。

ヒトの遺伝子の3%にネアンデルタール人の遺伝子が残っているそうで

ネアンデルタール人とホモサピエンの一部に

交配があり

7万年以降に大躍進(Great Leap Forward)が起こります。

それ以前の

ホモサピエンスにはアートや音楽といった芸術は無かったそうで

ネアンデルタール人の3%のDNAのお陰だそうです。

これらの事実は化石では発見が出来ない事です。

化石には

貝殻に穴を開けて首飾りをしていたとかはわかっても

まさか

それが交配のお陰だなんて。。。ビックリです。

では、

なぜ?ネアンデルタール人は絶滅し滅びたのか。

なぜ?ホモサピエンの人類は残ったのか?

ホモサピエンスは言語を持っていたからです。

そうです。

ネアンデルタール人は言語を持たず、

ホモサピエンスは言語を持っていた。

言語は強力な「力」だったのです。

言語=力(ちから)

今まで「英語で子育て」をしていて

現代の

この「力」を持たすことの意義を確信した瞬間でした。

☆ALOHA!! and MAHALO!!☆

OTHER SNAPS