LOG IN

叱ると怒る

by M.HIROTSUGU

☆子どものメンタルコーチ☆

叱ると怒る

親であるがゆえに子どもに対して怒りがちである。

叱る怒るは違う。

躾(しつけ)にて叱る場合と

感情優位で怒るでは受け取る側(子ども)の気持ちが重要である。

アメリカのある研究で

『親に感情的に叱られた子どもは気分の落ち込みが激しく

将来にわたりその影響も大きい』とのことです。

例えばスパーニートは

『勉強も出来て頭もいいのに何故、社会になじめなくなるのか?』

その要因の一つに

怒られることに慣れていないのではなく

上司に怒られると

子供の頃に親に感情的に叱られた時のトラウマが

無意識に発動され

得体の知れない恐怖に怯える=引き籠る。

これは潜在意識は善悪の判断ができないからです。

子どもに対して

『メンタルを鍛える』という考え方は危険です。

親の意識の中に

「子どもの感情(自信)を壊さない」という事に注意を置かないといけません!

他の人と比べたり

頭ごなしの怒り方はかえってマイナスです。

☆ALOHA!! and MAHALO!!☆

OTHER SNAPS