LOG IN

イクメン

by M.HIROTSUGU

日本では『イクメン』ブームですが。。。。

彼はブームではなく『イクメン』です。

日本では

2010年に啓発イベント「イクメンプロジェクト」にて

メディアを通して

「イクメン」という言葉は広まりました。

父親の家事と子育て(育児)参加は

ブームによって

「子育てに参加」という感覚は

若い世代には根付いてきていると感じます。

私もそうですが

家事はちょっと「苦手」という父親は

まだまだ多いと思います。

最近では

赤ちゃんの母親に『ご主人さんはイクメンですか?』と尋ねると

『うちの旦那さんは手伝ってはくれていると思います。』という返事は

良く聞くようになりました。

産後のバランス調整をしていてつくづく実感している事は

子育て中のお母さんは本当に大変だなぁ~と思います。

何故なら

睡眠不足は当たり前で身体を休める場所(時間)が欲しいのです。

しかし

男は仕事にかこつけて

職場にエスケープできるけど

母親という生き物は24時間『母親』なのです。

それはたとえ仕事に復帰してもです。

(偉いなぁ~尊敬するし感謝します。)

ヒルトンのプールで赤ちゃんを抱かして貰いました。

写真の男性と異文化交流して

会話して肌で感じると「父親の優しさ」がにじみ出ていました。

父親だって『やれば出来るさ何事も』です。

「イクメン」がブームで終わらず

欧米スタイルでなくても良いので

日本男児のイクメンスタイルが定着してくれることを願います。

☆BIG MAHALO!!☆

OTHER SNAPS